慢性的な肩こりや腰痛でお困りのあなたへ…

【治療歴30年の実績】医学知識が豊富な治療家が原因を突き止める的確な身体検査と高い施術技術で1度で変化を実感できます。

なぜ、何度も同じ痛みを経験するのか?

肩がこったから肩をもんだり、腰が痛いから腰を押したり…この様な対処は、その場では楽になり、痛みが緩和された感じがするのですが、実は治っているわけではありません。痛みが起こる原因は様々な要素がありますが、その多くは「カラダのゆがみからくるもの」が多くをしめています。

具体的には背骨のゆがみから起こる血管や神経の圧迫(※圧迫されているので痛みがでる)と、骨盤のゆがみから起こる全身のバランス崩れです。

ヒドイ方ですと血流が悪く、筋肉への影響も出ていることがあります。このような状態で痛み止めの注射を打っても、原因は改善されておらず、しばらく時間がたつと痛みがぶり返してくることがほとんどです。当院では、たった1回で劇的に変化を体験できる施術を行います。他にはない施術ですので、痛みがひどい方でも個別対応ができます!まずはあなたの話を詳しくお聞かせ下さい。

体のプロとしてあなたにお伝えしたいこと

はじめまして、こんにちは。渡部治療院の渡部です。私はこれまで28年間の長き時間に渡り、地元である相模原と東京御徒町にて、肩こりや腰痛の専門家として活躍してきました。お越しになられた方の中には、筋肉が凝り固まってしまい正座ができなくなってしまった人や、骨盤のゆがみがひどくて、背中が曲がってしまった人、交通事故の後遺症でむち打ちから頭痛を繰り返す人を診てきました。私は17歳の時柔道で坐骨神経痛に、21歳の時交通事故で重度のムチ打ち症になり、手足の痺れから寝ることもままならないくらいの状態でした。その後、腰痛の権威である中澤先生の治療を受け、その改善した経験をもとに、人を助ける仕事がしたいと思い整体師を目指しました。その後「匠の技術」を習得するまでに、約8年間(24歳から31歳まで)東京・御徒町や御茶ノ水まで実習に行きました。来る日も来る日も人間の身体のことを勉強しました。私達のカラダは自己治癒力があり、ゆがみを正常な状態へ戻すと、回復機能が働きます。「匠の技術」を使ってあなたの身体の悩みを解決します。ぜひ、この技術にご期待ください。

渡部 裕市(わななべ ゆういち)

わたなべ治療院長

経歴:呉竹鍼灸専門学校本科卒業ハリ師・灸師免許取得。DRTインストラクター取得。地域健康つくり指導者認定証取得。